キャンプツーリング@ラチャブリ

男のBBQはかなり適当な感じです

タイは雨季!ということでほぼ毎日雨が降るのですが1日中降っているわけではなく、スコール的な豪雨が一時間程度やってきて、止めば涼しく過ごす事が出来ます。

そんな季節だからこそ!

普段は暑過ぎて夜寝れないのでテント張る事も少ないのですが、この季節はキャンプなのです!

バイク5台でキャンツーです

今回おせわになったのは、バンコクから約200km南西へ行ったところにある、ラチャブリ県スワンプンにある民営のキャンプ場。

テントサイト

プーティヤンターン ไร่ภูเคียงธาร

ไร่ภูเคียงธาร
★★★★☆ · 宿泊所 · Ta Nao Si, Suan Phueng District

簡単にタイのキャンプ事情を先に説明しますと、大きく別けて

国立公園

民営キャンプ場

と、2種類のキャンプ場があります。

国立公園の特徴としては

  • 入場料は外国人料金
  • キャンプ台別途
  • 車両持ち込み料金追加
  • 飲酒禁止
  • シャワーは水のみ
  • 海、山など沢山の好立地にある
  • 場所によりテント・シェラフ・マットのレンタルあり

民営キャンプ場の特徴は

  • 外国人料金はほぼ無い
  • 基本料金のみ
  • 飲酒は静かにね
  • シャワーは温水もある
  • 立地は国立公園ほどよくない
  • 基本レンタル可能、コテージ併設も多い

そんな感じなので昔はよく国立公園へ行ってましたが、最近では民営を利用する事が多くなりました。

今回のキャンプ場のシステムは、入場料(テント持参)で100バーツ。コテージ宿泊1500バーツ。料理、飲み物、氷などは注文可能でバイクで水物を運ぶのが大変な我々ライダーにとっては非常に都合がよいキャンプ場です!

テント設営とコテージ

今回もですが、キャンツーとなるともうオジサンしか参加しないので、設営が終わると既に呑み始めてしまいます。

明るいうちから、お酒を片手に肉を焼き始め・・・・

というか、何で男って・・・・

みんな肉しか持ってきません(笑)

もうこれは、肉祭り!

昼から寝るまで永遠と酒を飲みながら肉を焼き続け、しまいには高級食材トマホークも

外焦げ焦げ、中は生!という状態に仕上がりました(笑)

今シーズンもあと数回はキャンプしようと思います。

肉以外の料理をもって・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました